• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
平成30年度福岡県青少年赤十字北九州1日トレセンを実施しました

 11月10日、北九州市立萩ヶ丘小学校で平成30年度福岡県青少年赤十字北九州1日リーダーシップ・トレーニング・センターを実施しました。

 ホームルームの時間で、ホーム(活動グループ)ごとに自己紹介や簡単なレクリエーションを行いながら仲間づくりをした後は、非常食体験を行いました。門司区地域奉仕団のみなさんにも教えていただきながら、包装食袋(ハイゼックス)にお米と水を入れて、炊飯の準備をしました。

ホームルームで仲間づくり 非常食体験

 防災学習では、防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」の台風・豪雨について、グループワークを行いながら真剣に学びました。

 
 昼食は、非常食体験で炊飯したご飯とレトルトカレーでしたが、炊きあがった1合のご飯を、ほとんどのメンバーが残さずに食べていました。続いて、災害時に配布するための救援物資、現地災害対策本部車両や通信指令車を見学しました。

救援物資の説明 現地災害対策本部車両は大人気

 午後からは、健康安全プログラムとして一次救命処置について学びました。練習用の人形を使って、一生懸命に取り組んでいました。


 そして最後に、赤十字や青少年赤十字について学び、各学校での青少年赤十字活動に活かす方法について考えました。

 最初は、知らないメンバー同士で、ぎこちない雰囲気もありましたが、プログラムを通して仲良くなり、みんなとても楽しそうでした。こちらからの問いかけにも活発に答えが返ってきて、楽しみながら積極的に活動を行っていた様子が印象的でした。
 今回の学びが、各学校での活動に活かされ、一人でも多くのメンバーがより積極的に青少年赤十字に取り組んでくれることを期待しています。