• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
防災教育公開授業が開催されました~福岡市立大原小学校5年生~

 平成30年1月31日(水)に福岡市立大原小学校にて防災教育公開授業(授業者:鵜木先生)が開催されました。

 当日は、青少年赤十字防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」に収録されている指導案や映像資料、ワークシートを用いて、地震が起こる仕組みや、地震が起こった際に、どのようにして身を守るかについて授業が行われました。

 児童への事前アンケートでは、地震が起こる可能性は高いという認識はあるものの、身を守る方法としては、「おはしも(※おさない はしらない しゃべらない もどらない)」や机の下に隠れることのみ答える児童が多く、教室の中での対応しか想定していないようでした。そこで鵜木先生は、机の下に隠れることができない家庭科室にいるときに地震が起きたらどうするかなど、児童自身が考えることを大切にしつつ、自分で自分の身を守る方法を授業されていました。

※青少年赤十字防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」の内容については、トップページに戻り、右側のバナーからご覧いただけます。また、同プログラムは平成27年度に福岡県の全小・中・高等学校および特別支援学校へ日赤福岡県支部より配布しております。

 これからも防災の輪を広げていきたいと思います!

映像資料の活用 見学中
映像資料の活用 公開授業を見学中の先生方