• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
高校連絡協議会のメンバーが献血の呼びかけを行いました

 9月25(日)博多の森にあるレベルファイブスタジアム特設会場にて、青少年赤十字高校連絡協議会のメンバーが献血への呼びかけを行いました。

 メンバーは、事前に九州ブロック血液センターを視察し、血液のことを学び、自分たちにできる活動について話し合いました。当日は、9月にしては気温28.5度の蒸し暑い日となりましたが、試合観戦を前にしたサポーターをはじめ多くの方々に献血へのご協力をいただきました。

 呼びかけに参加した福岡海星女子学院高等学校の齋藤さんからは、「献血の呼びかけに今回初めて参加して一番に感じたことは、声をかけることができる人が限られてしまうということです。特に、自分自身が献血をできない年齢で声かけをしているということで、どういう風に声をかければ献血に協力したいと思ってくださるかが難しかったです。でも、後半になるにつれて要領が分かってきて、何のために今献血活動をしているのかなど、血液センターで学んだことを呼びかける内容として声をかけれたことは良かったと思います。」との感想がありました。

 これからも自分たちにできる活動を継続していきますと今後の活動にも意欲的でした。