• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
日本赤十字九州国際看護大学学生奉仕団が日赤九州八県支部合同災害救護訓練に参加しました!

 平成29年12月10日(日)、11日(月)に、日赤九州八県支部合同災害救護訓練が日赤大分県支部と大分スポーツ公園を会場として実施されました。この訓練は、大規模災害を想定し、九州の各県支部が災害に対して連携した救護活動の確立を図ることを目的として、毎年実施しているものです。

 今回は、日本赤十字九州国際看護大学学生奉仕団の団員29名が、救護の対象となる傷病者の役として参加しました。


(右下肢の骨が突出している傷病者)


(顎を挫創した傷病者)
 

 当日は、気温が低くさらに雨も降りだし、過酷な状況での活動となりましたが、訓練では欠かすことのできない重要な傷病者の役割を果たしてくれました。

 日ごろから、日本赤十字社のいろいろな事業は、奉仕団のみなさまの活動により支えられています。今後も、団員のみなさまにご協力をいただきながら、赤十字事業を進めてまいります。