• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
地域奉仕団員研修会を開催しました

 赤十字への理解と奉仕団員としての知識及び資質の向上を図ることを目的として、今年度も地域奉仕団員研修会を開催しました。
 県内4会場で、計228名にご参加をいただきました。

 午前は、赤十字のおこりや事業内容について説明を行った後、九州北部豪雨災害での救護活動について報告を行いました。また、地域奉仕団の主な活動の一つでもある炊き出しについて、炊飯袋*を使ったお米の炊き方や炊飯袋を活用したレシピをご紹介し、「高野豆腐のミルク煮」(日赤静岡県支部作成レシピ集「炊き出し名人vol.2」に掲載)をご試食いただきました。

       
   県内各市町村に希望調査を行い、整備した移動式かまどを展示。
   市販されているアルファ米など災害食も紹介。


 午後は、「健康生活支援講習短期講習」を実施し、今回は、「リラクゼーション」をテーマに、ハンドケアやショルダーケアの実技を行いました。

 各団から積極的にご参加いただき、また、研修も熱心に、楽しみながら受講をいただきました。
 今後も、研修会などを通じて、奉仕団のボランティア活動を支援していきます。
   
   ペアになってショルダーケアを実施

 *炊飯袋とは、高密度ポリエチレン袋で、この中に食材を入れて、レトルト食品のように沸騰したお湯の中に入れ、熱を通すことで炊飯やその他の調理をすることができます。