• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
~未来のために、いま備える。~災害時生活支援講習を開催しました

 3月11日(月)、東日本大震災から8年となるこの日、福岡県支部では地域での防災活動に役立ててもらおうと、炊き出しや応急手当等の知識と技術を学ぶことができる講習を開催しました。

 講習は、本県支部防災ボランティアによる講義「災害で自分の身を守るためには?」から始まり、救護倉庫の見学、応急手当、炊き出し用の袋を使用したスープ作りや野菜とサバの缶詰を材料におかず作りを行いました。

 参加者からは、「炊き出しは手間がかかると思っていたが、簡単においしい食事を作ることができて驚いた。」「救護倉庫を初めて見学したが、自然災害から原子力災害まで対応できるよう、様々な物資や資材が揃えられており、安心した。」などの声が寄せられました。

 3月の1か月間、日本赤十字社では、防災・減災プロジェクト~私たちは、忘れない。~と題し、防災・減災キャンペーンを実施しています。
 詳細はキャンペーン特設サイトをご覧ください。