• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
今年度新たに開催!! ~赤十字減災セミナー~

 近年、各地で地震や風水害等が発生しているというニュースが後をたちません。
 そのような状況に、なんとなく不安を感じて過ごされている方も多いのではないでしょうか?

 日赤福岡県支部では、今年度新たなプログラムとして「赤十字減災セミナー」を開催します。5月22日、記念すべき第1回目の開催を迎え、多くの皆様にご参加いただきました。
 いつもは、別々の講習会でお伝えしている内容を"災害時、これを知ってたら役立つ"また"簡単、だれにでもできる"という内容に絞ってお伝えするとともに、新しくできた福岡県支部の救護倉庫の見学、炊出し体験もプログラムに加えています。内容盛りだくさん、講習時間は半日というお得な講習会です。

 風呂敷を使った簡単リュックサックでは、「簡単にできた~」、「思ったより、たくさん物が入りそう~」という声や、毛布を利用した簡単ガウンでは、「温かくて、動きやすい」、「毛布を止めるのにストッキングを使うと、伸縮性があって、スタイルに関係なく使える」などという声があがっていました。

 救護倉庫の見学では、「このような救援物資は、寄付によって整備されているんですか?」や「使用期限はあるんですか?」「配布基準があるんですか?」など、率直な質問が、飛び交っていました。

 炊出し体験では、「初めて食べたけど、おいしかった」、「うちの地域でも使いたいから、炊出し用の袋はどこで売ってますか?」と質問がある場面も。非常食を気に入っていただけたようです。

ストッキングを使った頭のけがへの対処法 風呂敷を使った手のけがへの対処法
11月に完成した救護倉庫を見学 「着物を着てるたみたいね~」という声も
(毛布を使ったガウン)

 最後に受講者の方から、「ちょっとした事でも知っているのと知らないのでは、大きな差があると今回の講習会を受講して思いました」、「いつ起きてもおかしくないのに、なんとなく他人事だと思っていた災害ですが、多少なりとも準備をしておこうと思いました」、「簡単で、どこでも、だれにでもできる内容だったので、まずは自分自身のため、その後は他の人を支援できるようにしていきたいです」という感想をいただきました。

 当講習会の今後の予定は以下のとおりです。
  6月:久留米赤十字会館(久留米市)、1月・3月:日赤福岡県支部(福岡市南区)
 自分自身と家族を守るため、地域の防災活動のため、ぜひ受講してみてください。

[講習内容]

  1. 地域での防災活動について
  2. 災害時の支援活動
    (応急手当・けがの手当・避難所での支援・簡単にできるガウン・清潔の方法)
  3. 非常炊き出し体験
  4. 災害と赤十字(救援物資倉庫見学)


炊出し。いい匂いが講習会場を包んでいました。