• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
福岡赤十字病院の看護師2名の海外派遣が決定。小川県知事を表敬訪問しました。

 このたび、南スーダン紛争犠牲者救援事業およびバングラデシュ南部避難民保健医療支援事業へ福岡赤十字病院の看護師2名の派遣が決定しました。

 それに伴い、派遣が決定した井ノ口 美穂 看護師(南スーダン)と川口 真由美 看護師(バングラデシュ)、今年1月にバングラデシュ派遣から帰国した橋本 香織 看護師の3名が、6月15日(金)に小川県知事を表敬訪問し、それぞれ出発と帰国の報告を行いました。

 日本赤十字社福岡県支部長である小川県知事は、「世界で色々な紛争や災害が起こっている中、助けを求めている人のために日本赤十字社が国際的な救援・救護活動を行っていることは、大変心強く、誇りに思います。健康面、安全面に十分気を付けられ、活躍していただきたい」と激励しました。