九州産業大学学友会様より「令和2年7月豪雨災害義援金」が寄託されました

 9月4日(金)、九州産業大学 学友会様より「令和2年7月豪雨災害義援金」100,111円が寄託されました。

 九州産業大学HP:日本赤十字社へ「令和2年7月豪雨災害義援金」を贈呈しました

 今回は、学友会の林田総務委員長が中心となり、同大学内5ヶ所に募金箱を設置。教職員の方々などにご協力いただいた義援金をお寄せいただきました。
 本県支部で行われた贈呈式で、同大学の一ノ瀬学生係長は「例年、災害時には学生ボランティアが活動していたが、新型コロナウイルスの影響で今年は一度も活動できていない。義援金だけでなく、本大学の学生ボランティアを派遣できる仕組みを活用して、日赤とも連携できたら」と心強いお言葉をいただきました。

 お寄せいただいた義援金は、被害状況に応じて按分され、被災都道府県に設置された義援金配分委員会を通じて、”全額”を被災された皆さまへお届けします。

贈呈式 お持ちいただいた募金箱

 令和2年7月豪雨災害義援金については、こちらをご覧ください。