【令和2年7月豪雨災害】医療救護班第1・2班が熊本県から帰着しました(7月8日)

 7月5日より熊本県へ派遣されていた医療救護班第1・2班および連絡調整員2名が、後続の医療救護班第3班へ引き継ぎを行い、八代市・人吉市での3日間の活動を終え、福岡県に帰着しました。

 帰着式においては、本県支部の松本事務局長や福岡赤十字病院の永井副院長をはじめ、多くの職員から労いの言葉がかけられました。

帰着式の様子

 また、日本赤十字社では「令和2年7月豪雨災害義援金」の受付を開始しています。
 お寄せいただいた義援金は、被災都道府県が設置する義援金配分委員会を通して、全額を被災地へお届けいたします。
 皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。詳細は、こちらをご覧ください。