【令和2年7月豪雨災害】医療救護班第3班を熊本県へ派遣しました(7月8日)

 7月3日からの熊本県を中心とした記録的な大雨に伴い、本県支部は医療救護班第3班(計6名)および連絡調整員1名を熊本県へ派遣しました。

 本県支部救護班第3班は、8日に熊本県へ入り、6日から8日まで活動している医療救護班第1・2班から避難所の情報等を引き継ぎ、8日から11日まで熊本県人吉市周辺で被害情報の収集及び救護ニーズのアセスメント等を行う予定です。

 ※医療救護班編成:医師1名、看護師長1名、看護師1名、主事(事務)2名、主事(広報)1名

出発式 見送り
救援物資の積込 熊本県へ向かう車両

 また、九州の8県支部内で連携し、救援物資の提供も行っています。

 【福岡県支部→熊本県支部】
  ・緊急セット 180セット  ・安眠セット 385セット  ・タオルケット 605枚

 【福岡県支部→長崎県支部】
  ・毛布 660枚

 これらの救援物資は、各県の被災された方々のもとへ届けられます。
 (救援物資は、皆さまからのご寄付により整備しています。)