新型コロナウイルス感染症軽症者等の宿泊療養施設における実地訓練に参加しました

 4月17日(金)博多グリーンホテル2号館で開催された個人防護具(PPE)着脱の実地訓練に参加しました。
 新型コロナウイルスに感染した軽症、無症状者を受け入れる福岡県内2ヶ所目の療養施設として同ホテルが確保されたことを受け、陸上自衛隊を講師に迎え福岡県新型コロナウイルス対策本部によって開催されたものです。

 今回の訓練を通して、個人防護具の着脱を行う際には「脱ぐときに汚染された防護具の外側に触れないよう気をつけること」や「ひとつひとつの動作ごとに手指消毒を行うこと」など、感染防止のポイントを改めて確認しました。

 日本赤十字社では、「人のいのちと健康を守る」という使命のもと、全国の赤十字施設を挙げて新型コロナウイルス感染防止に伴う取り組みを行って参ります。