【九州北部を中心とした豪雨被害】医療救護班が帰着しました(8月30日)

 九州北部を中心とした豪雨により、甚大な被害を受けた佐賀県へ派遣されていた医療救護班が、現地での活動を終え、福岡に帰着しました。

 本県支部の救護班は、日赤佐賀県支部でブリーフィングに参加したのち、大町町公民館や大町町総合福祉保健センター美郷に向かい、避難者の健康状態や物資などのニーズを確認しました。

日赤佐賀県支部や避難所での活動

本県支部にて到着報告

 また、日本赤十字社では「令和元年8月豪雨災害義援金」の受付を開始しました。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。