福岡市市民総合防災訓練 南区会場(長住小学校)に参加しました

 令和元年5月19日(日)に福岡市立長住小学校を会場とする防災訓練に参加しました。

 当日は警固断層帯南東部を震源とする震度6強の地震が発生したとの想定で、一時避難所である長住小学校への避難訓練が行われたのち、情報伝達訓練や緊急地震速報対応訓練等が実施されました。

 
日赤福岡県支部では、一次救命処置(心肺蘇生とAEDの使い方)・救援物資の展示と、特殊赤十字奉仕団のひとつである日赤防災ボランティア会のボランティア3名とともに、ハイゼックス(非常用炊飯袋)を使用した炊き出し体験会を実施しました。

 地域の方々に多数ご来場いただき、以下のような感想をいただきました。

・「AEDは設置場所も確認しておこうと思った。」
・「ハイゼックスというものを初めて知った。便利なので自分たちも準備をしたい。」

 今後も、災害から「いのちを守る」備え、その後の「暮らしをつなぐ」備えについて普及
していきます。

   ※日本赤十字社福岡県支部では、救急法などの各種講習や防災セミナーを開催しています。
 
出前講座も行っていますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

救援物資の展示 一次救命処置
救援物資の展示 一次救命処置
炊き出し体験① 炊き出し体験②

炊き出し体験①

炊き出し体験②