• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
ランナー59人を救護~福岡マラソン2018で臨時救護を実施しました~

 11月11日(日)に開催された「福岡マラソン2018」で臨時救護を実施しました。
 当日は爽やかな秋晴れとなり、14,000人以上のランナーが福岡市から糸島市を駆け抜けました。
 
 本県支部は、九州大学伊都キャンパスとゴール後に休憩等を行うランナーエリアの2カ所に臨時救護所を設置。脱水や嘔吐などの気分不良のほか、こむら返りや転倒による擦過傷などで救護所を訪れたランナー計59人の救護を行いました。

気分不良を訴えるランナーを救護する看護師 両脚の不調を処置する理学療法士
低体温症のランナーを救護する医師と看護師 けがの手当てをする看護師