• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
「福岡マラソン2017」臨時救護を実施しました~ランナー134人を救護~

 11月12日(日)、今年で4回目となる「福岡マラソン2017」が開催されました。
 秋晴れとなった絶好のコンディションのもと、昨年より1,000人多い14,000人のランナーが福岡市の中心部である渡辺通天神交差点付近をスタートし、途中、博多湾を望みながら、42.195キロ先の糸島市交流プラザ志摩館付近に設けられたゴールを目指しました。

              低体温で訪れた傷病者の対応にあたる医師と看護師


 日赤福岡県支部は、ゴールに隣接したフィニッシュ地点と、フィニッシュ後にランナーたちが休憩等を行うランナーエリアの2カ所に臨時救護所を設置し、傷病者の対応にあたりました。
 日中、若干気温が上がったためか、脱水や嘔吐などの気分不良のほか、こむら返りや足裏にできた水泡(マメ)などで訪れたランナーの救護を行いました。

手や口のしびれを診察する医師 足の不調を処置する理学療法士
転倒による擦過傷の手当てをする看護師 気分不良を訴えたランナーの血圧を測る看護師