• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
みやま市から熊本地震災害義援金が寄託されました

 8月9日、みやま市役所にて熊本地震災害義援金の寄託式が行われ、みやま市の高野副市長から日赤福岡県支部の河野事務局長へ義援金1,000万円が手渡されました。

 みやま市は、熊本地震発災に伴い益城町での避難所運営や窓口業務の支援、菊陽町での罹災証明書に係る住家被害調査の支援に、多くの職員を派遣するとともに、飲料水や毛布といった救援物資を送るなどの被災地支援を行っています。
 高野副市長は、「みやま市民の総意として、平成24年7月九州北部豪雨で支えてくださったことへの恩返しの気持ちを込めて義援金を寄託します。被災地の一日も早い復興をお祈りしています」と話されました。

 今回届けられた義援金は、義援金配分委員会を通して、全額、熊本県および大分県内の被災地にお届けします。 

         義援金寄託式
   (左:河野事務局長 右:高野副市長)