• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
九州大学様から熊本地震災害義援金が届けられました

 7月5日、九州大学様から熊本地震災害義援金4,326,921円が届けられました。

 同大学理事山縣様は、「この義援金は、各キャンパスの教職員および学生、また九大病院職員など大学をあげて集められたものです。特に学生は、校内はもとより最寄駅でも募金活動に取り組んでくれました。」と話されました。  

 同大学では、被災した熊本大学を支援するため、今回、全国の国立大学の取りまとめ役を担いました。また、学生が主体となり活動しているボランティア団体「project 架け橋」は、これまで東日本大震災の被災地で活動してきたボランティア経験を生かし、西原村において、家屋の片付け、ニーズ調査、農業ボランティアなどを行っています。

 さらに山縣様は「熊本から避難して来られた方々の心理的サポートのため、大学内で『ほっとひろば』を開設するなどさまざまな取り組みを行っています。最近では、熊本地震に関する報道がめっきり減ってきたように感じますが、これからも私たちだから出来る長期的な支援を目指して活動していきます。」と被災者支援への思いを語られました。

 今回届けられた義援金は、義援金配分委員会を通して、全額熊本県および大分県内の被災地にお届けします。

         義援金贈呈式