福岡教育大学様から熊本地震災害義援金が届けられました

 6月21日、福岡教育大学事務局長の松田様が福岡県支部を訪れ、熊本地震災害義援金453,848円が手渡されました。
 この義援金は、熊本地震発生後に同大学職員の方が、被災地の方々のお役にたちたいという思いから、学内での募金活動を思い立ち、事務室の窓口に募金箱を置いて学生や教職員に協力を呼びかけられたものです。

 同大学は、同じ宗像市内にある日本赤十字九州国際看護大学とも交流が深く、両大学の学生が、農業体験をとおして「食」の大切さを学ぶイベントに参加し、実際にじゃがいもや玉葱などの農作物を育てながら、お互いの学びや経験を共有する活動をされています。

 今回届けられた義援金は、義援金配分委員会を通して、全額熊本県および大分県内の被災地にお届けします。 

義援金贈呈式 救護倉庫見学の様子