• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
平成27年度北九州市総合防災訓練に参加しました!
【日赤救護班出動】

 10月25日(日)、局地的豪雨による土砂災害を想定した「北九州市総合防災訓練」が北九州市門司区で実施されました。

 門司大翔館高等学校を会場に、北九州市や消防、自衛隊など19の防災関係機関と約500名の地域住民が参加する大規模な訓練となりました。この訓練では「平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害」を教訓に、災害対応体制の確立や住民による避難行動に重点がおかれており、土砂災害による被害の軽減や災害対応力の強化を目的としています。

【現場にて救助中の要救助者に対する状態管理】

 日赤福岡県支部は、応急救護所・合同指揮所運営訓練に参加し、北九州DMATや消防、自衛隊と協働し連携を深めるとともに、災害時の医療救護の手順を改めて確認しました。

 また、門司区赤十字奉仕団が、自衛隊や地域住民と力を合わせ、給食配給訓練に参加されました。

 私たちはこれからも、土砂災害を始めとした自然災害の対応に備えるべく、救護班要員の知識や技術の強化に向けた訓練に、日々取り組んでまいります。

【応急救護所でのトリアージ】 【重傷者への応急処置】
【軽傷者への問診】 【門司区赤十字奉仕団と学生による炊出しの配布】