• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
福岡県・福岡市合同総合防災訓練に参加しました!

 5月31日(日)、風水害や地震・津波災害を想定した「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」が福岡市で実施されました。東区の県警訓練場跡地をメイン会場に、全5カ所の会場では、福岡県、福岡市、消防、警察、自衛隊などの関係機関、約1,350名が訓練に取り組みました。

 メイン会場では、地震、津波、大雨災害などを想定した32種類の訓練が行われ、日本赤十字社福岡県支部は、応急医療救護所の設営運営訓練、広域災害時の医療情報伝達訓練、自主防災組織による応急手当、アマチュア無線による非常通信訓練に参加しました。
 応急医療救護所の設営・運営訓練では、他の医療機関、関係機関との連携を深めるとともに、災害時の医療救護の手順について確認を行いました。

 その他、別会場の西南学院大学で行われた災害ボランティア本部設置運営訓練にも、赤十字防災ボランティアのメンバーが参加し、災害時にボランティアの力を最大限に活用できる運営の在り方について確認しました。

輸血用血液の搬送訓練 AEDの使用方法を学ぶ子どもたち
災害時には通信手段の1つとなる無線による通信訓練 一般来場者へ赤十字の活動をPR