• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
県内の25の市や町に移動式かまどを配備

 東日本大震災から4年目となる3月11日、日赤福岡県支部では、「移動式炊出し用かまど」の引渡式を行いました。

 当日は、引渡しを受ける市や町の職員25名が集まり、組立方法を伝達し、赤十字ボランティアの協力のもと、炊出し体験を行いました。

 日赤福岡県支部では、平成26年度より、災害時の被災者支援はもちろん、各地域でのイベント等で活用していただくため、炊き出し用の移動式かまどを県内の市や町に整備していく予定にしてます。

 参加された市の職員の方からは、「いただいたかまどは、災害時に使えるよう、イベント等で定期的に活用するなどして、いざという時に使用できるようにしたいです」と話しておられました。

赤十字ボランティアとともにかまどに入れるごはん作り かまどを使ったあったかご飯の出来上がり☆
代表として久留米市に引渡書を渡しました かまどの組立方法について