• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
7月4日 大分県へ救援物資輸送 ~九州北部 大雨災害に際して~(義援金受付開始)

 3日午前、九州北部・山口地方を襲った梅雨前線の影響で、福岡県内一部の地域において避難指示や避難勧告が発令されるような大雨に見舞われました。

 大分県内においては、大雨による川の氾濫等により住宅や店舗が浸水し、日田市で8,006世帯21,925名に避難指示、中津市・由布市・玖珠町で2,175世帯5,381名に避難指示が発令される事態となっています。(7月4日9時30分現在)
 日赤大分県支部では、3日夕方に日田市役所へ毛布400枚、緊急セット(※)100組、中津市本耶馬渓支所へ毛布100枚、緊急セット100セットを届けました。

 日赤福岡県支部では、日赤大分県支部からの緊急の要請を受けて、救護倉庫に備蓄している救援物資の中から、毛布1500枚(150箱)、緊急セット102組(17箱)を即時積込みし、4日早朝にトラック2台で出発しました。

 日赤大分県支部までは、大分自動車道の一部が土砂崩れによる通行止めとなっており、支部と道路交通情報を共有しつつ、現地へ向かっています。

※緊急セット:緊急時に持ち運びのできる携帯用バックに、日常生活や避難所生活に必要な品物が入っている。
 (主な内容:携帯ラジオ、懐中電灯、タオル、歯ブラシ、コップ、マスク、絆創膏など)