• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
画「愛と平和」が福岡赤十字病院に寄贈されました

 5月24日、福岡赤十字病院にて画「愛と平和」の贈呈式が行われました。
 この画は、1976年に当時の日本赤十字社理事長 上田 尊之助 氏から福岡県支部に寄贈された高さ10メートルの壁画「愛と平和」の下絵となったものです。
 今回、上田 尊之助 氏のご子息であり、上田奨学会理事長の上田 康藏 氏から寄贈されました。
 上田理事長は「長い間保管していましたが、この画が本来あるべき場所へ飾られることになり、嬉しく思います。」と話されました。
 画「愛と平和」は福岡赤十字病院 アネックス棟1階に展示しています。ご来院の際はぜひご覧ください。
 また、壁画は福岡県支部庁舎内に設置していますので、併せてお立寄りください。

※画「愛と平和」(作:山田 栄二 1912~1985)
第2次世界大戦で殉職した日本赤十字社福岡県支部の看護師29名を慰霊するため、3人の天使を含む29の鳥や蝶が描かれている。















       壁画「愛と平和」
       (福岡県支部庁舎内)