• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
“絆” ~ 食を通じて繋がる「一皿ボランティア」~

 3月9日、西部ガス株式会社、食文化スタジオ様、NPO法人博多ミラベル21様、そして有志の皆さまより、東日本大震災の被災者へ義援金が届けられました。

 今回の義援金は、料理店が一皿ずつ持ち寄るランチブッフェとプロの料理人が使用する調味料や食材、お菓子等のチャリティーマーケット、また調理専門学校によるボランティアカフェを行った際の収益によるものです。

 東日本大震災を目の当たりにし、「この九州でも何かできることはないだろうか?」その答えとして始めた同イベントも、発災した年より毎年開催され、今年で6回目を迎えました。

 贈呈式では、「日本人が昔から大切にしてきた“絆”。このイベントを通して生産者のかた、行政のかた、同イベントの趣旨に賛同し集まってくれた店舗のかた、そして同イベントに参加してくださった皆さまとの絆が出来ました。震災から年月が過ぎ、震災や被災者のことを考えることは当初より少なくなったかもしれません。だからこそ絆を大切にし、繋がり続けたいと思います。」と語られました。

 

食が持つ力それは、命をつなぎ、人の輪をつくり、人の幸せをつなぐこと。
(食文化スタジオ ホームページより)

 

 皆様の思いが、もうすぐ震災から5年を迎える東北の被災者のもとへ届けられます。

 

        食文化スタジオ様のホームページはこちらから

※今回の“一皿(ひとさら)ボランティア”の活動は、当県支部にてパネル展示を行っています。
    〇 3/7~3/11 福岡県庁 1階ロビー
          〇 3/4~3/18 日本赤十字社福岡県支部 1階ロビー