• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
紺綬会発祥の地 小倉にて~ 福岡県日赤紺綬会第56回総会を開催

福岡県日赤紺綬会第56回総会 写真

 日本赤十字社名誉副総裁である常陸宮妃殿下をお迎えして、11月18日(水)、リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区)にて福岡県日赤紺綬会第56回総会を開催し、紺綬会会員を中心に赤十字関係者など約560人が参加しました。

 式典では、本総会の主催者である福岡県日赤紺綬会の田中優次会長と日赤福岡県支部山﨑副支部長(副知事)の挨拶に続き、赤十字事業に多大な貢献をされた方々に常陸宮妃殿下から金色有功章・銀色有功章が御授与された他、近衞社長より日本赤十字社社長感謝状の贈呈、山﨑副支部長より紺綬褒章、厚生労働大臣感謝状の伝達と、田中紺綬会長より会員斡旋功労者に対する会長感謝状が贈られました。

常陸宮妃殿下のおことば全文

 本日ここに、「福岡県日赤紺綬会第56回総会」が開催され、日頃より赤十字の活動に深く携わっておられる皆さまとお会いできますことを大変うれしく思います。
 ここ福岡県における赤十字の活動は、全国に先駆けて創立された紺綬会の皆さまによる深いご理解とご尽力によって大きな発展を遂げ、着実な歩みをみせていることは誠に喜ばしく、また、心強く思います。
 戦後70年という節目を迎える今日、赤十字が掲げる人道・博愛の精神の重要性が改めて認識され、赤十字に寄せられる期待と要請は、ますます高まるものと思われます。
 皆さまが、本日の総会を契機として、赤十字の尊い使命の達成のため、紺綬会発祥の歴史と伝統のもと互いに手を携えて、より一層力充実した活動を進められることを願ってやみません。


 皆様のご協力により、本年度も和やかにつつがなく総会を終了することができました。当日は足元の悪い中、たくさんの方々にご来場いただき、心よりお礼申し上げます。

紺綬会第56回総会における表彰件数

・金色有功章 個人 22名 法人3団体
・銀色有功章 法人 4団体
・日本赤十字社感謝状 個人 16名 法人9団体
・紺綬褒章 個人   1名
・厚生労働大臣感謝状 個人   7名
・新会員斡旋功労者に対する会長感謝状 個人 16名

福岡県日赤紺綬会

 福岡県日赤紺綬会は「赤十字事業を通じて人類福祉の増進に寄与する」という目的のもと、小倉市在住の国の紺綬褒章拝受者と当時の小倉市長の発案による懇親会を前身として、昭和34年11月、全国初の地域協力団体として結成され、今日まで赤十字支援活動を行ってこられました。現在、会員数2,889名(平成27年9月30日現在)を数え、全国の紺綬・有功会の中でも最大の規模を誇っています。