• 日本赤十字社公式Facebookページ
  • 日本赤十字社公式チャンネル
大牟田市きらりフェスタで62人がキッズ救護員、ナースに大変身

 8月2日(日)、大牟田市総合福祉センターで、20回目となる「子育てきらりフェスタ」が開催されました。

 赤十字も活動紹介パネルの展示やなりきり体験コーナーで、キッズ救護員・ナースに変身して写真撮影ができるコーナーに参加しました。

 当日は、ママ防災士である柳原志保さんによる東日本大震災の被災体験を生かしたママ目線での防災対策の講演や、防災ゲーム、水を使わないカレーなどいざとう時のアイディアレシピの紹介、身近なものを使ったマスクやおむつ作り、消防による煙ハウス、消火器体験など様々なコーナーが開設されました。

 赤十字のなりきり体験コーナーには、62人の子供たちが訪れ、キッズ救護員・ナースに大変身しました。