今津赤十字病院は、昭和4年今津療養院として発足し、当時国民病といわれた結核を主な診療対象としていましたが、昭和62年に病院新築とともに時代の要請に応えて認知症診療を一つの核とする老年病センターとして再スタートしました。現在では高齢者急性期疾患とリハビリテーション、並びに認知症の診療を柱とする老年医療を推進しています。さらに、最近増加の一途をたどる高血圧や高脂血症などの生活習慣病対策にも力を入れています。

 当院は、幸い前面には今津湾、裏山には緑の木々、美しい花々が四季を通じて見られ、豊かな自然環境に恵まれています。さらに平成14年に増改築して、よりゆとりのある院内環境を提供できるようになりました。そのなかで、私どもは高度で良質な医療を提供するのはもちろんのこと、十分な説明と同意を得た上で患者様の視点に立った医療を進め、地域の皆様から安心して健康を任される病院を目指しています。高齢者は病気が長引いたり、再発を繰り返すことも多く、さらに複数の慢性疾患を併せ持つ傾向にあります。したがいまして、私どもは単に病気を診るのではなく、患者様をトータルに診る全人的医療を常に心がけ、提供できるよう努めております。さらに患者様が退院後も安心して日常生活が送れるように訪問看護、リハビリテーション等の実施や地域の他施設との連携など手厚いバックアップ体制の構築にも努めています。

 認知症の患者様には、外来治療は勿論、幻覚、妄想、徘徊、不穏、興奮などの問題症状が目立つ場合には入院治療も行っています。また在宅で介護を受けている患者様には、「重度認知症患者デイケア」への通院治療もご利用頂けます。

 これからも地域の皆様に今津赤十字病院を受診すれば安心と言われるような病院になるよう、職員一丸となって努力していく所存でございます。今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(今 津 赤 十 字 病 院   院 長  藤 井  弘 二 )