理学療法部門

 理学療法とは、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療の一つです。
 理学療法はまず各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めていきます。理学療法には運動を主体としてアプローチする「運動療法」と電気や物理的刺激を活用する「物理療法」の2つの分野に分けられます。

運動療法
 筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善(回復)などを通じて、日常生活活動(起きる・座る・立つなど)・歩行などの運動能力を高めます。














物理療法
 温熱療法・水治療法・光線療法・電気療法などにより痛みや循環の改善をはかります。


  理学療法部門      作業療法部門      言語聴覚療法部門
リハビリテーション科トップへ