検査内容
■一般検査

○尿検査

・定性検査
  分析装置を用いてPH、蛋白、糖、潜血、ケトン、ビリルビン、ウロビリノーゲンなどを検査しています。
・尿沈渣検査
  顕微鏡を用いて、赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、結晶、細菌などを検査しています。
  尿に含まれる成分を調べ、腎臓や膀胱などの病気や状態を知ることができます。

○便検査
・ヒトヘモグロビン測定
  便に血液が混じっていないかを調べ、消化管からの出血の有無を検査します。

■血液検査
・自動血球計数装置を用いて、血液に含まれる赤血球、白血球、ヘモグロビン、血小板などの細胞の数や種類を検査しています。
■生理検査
○心電図検査
   検査時間 2〜3分
・心臓で発生する微弱な電流の変化を増幅し、波形図に記録して心臓の働きを検査します。不整脈、心筋梗塞、心肥大などの心臓病を調べる検査です。


○ホルター心電図   検査時間 24時間(装着時間10分)
・患者さまに小型の心電図記録計を携帯してもらい24時間心電図を記録します。不整脈、狭心症などの心臓病を調べる検査です。

○肺機能検査   検査時間 10分
・息を吸ったり、はいたりして肺からどのくらい空気を出し入れできるか(量や速さ)を検査します。肺気腫、気管支ぜんそく、気管支拡張症、慢性気管支炎など慢性呼吸器疾患を調べる検査です。

○眼底検査   検査時間 10分
・眼底の血管を観察し、動脈硬化を始め全身のさまざまな病気を診断する検査です。動脈硬化の進み具合や高血圧、糖尿病による血管の変化を調べる検査です。


○聴力検査   検査時間 5分
・外部の音を遮断した部屋で、聴力検査器から発する高い音と低い音を聞き取って検査します。耳の聞こえ(難聴)の有無を調べます。


○腹部超音波検査   検査時間 20〜30分
・腹部に超音波を発信し、臓器から返ってくるエコー(反射波)を受信して画像とし病変部を診断します。肝硬変、肝癌、胆石、胆嚢炎、胆嚢癌、膵炎、膵癌、水腎症、腎癌などの病気の有無を検査します。

○心臓超音波検査   検査時間 20〜30分
・超音波で心臓の形や大きさ、動きを観察する検査です。心臓弁膜症、心臓肥大、心筋梗塞,心膜炎などの病気の有無を検査します。

○頸動脈超音波検査   検査時間 20分
・脳に向かう頸動脈や椎骨動脈の血管性状や血流動態を調べ、動脈硬化の程度を検査します。
各部門のご紹介トップへ