一般撮影(レントゲン撮影)・透視検査・CT検査を行っています。
当院では以下の検査ができますので、検査内容・検査時間を簡単に紹介いたします。


一般撮影検査
○X線撮影検査・・・骨や軟部組織、ガスなどをX線撮影し画像化する検査です。また、胆道系や尿路系を詳しくみる場合は、造影剤を用いて検査をします。



       一般撮影用X線装置                    胸部                         腹部

透視検査
○胃透視検査《検査時間 約10分》
 透視下でバリウムを飲んでもらい、胃全体をいろいろな方向から撮影し、検査します。

○嚥下造影検査 《検査時間 約20分》
 飲み込みが悪い人や、誤飲(食べ物や水分を飲み込んだ時によくむせる)をする人、肺炎になりやすい人を対象に、造影剤入りの嚥下食(2〜6種類)を食べていただき、透視下でその嚥下食の流れや経過などをみる検査です。



           X線TV装置                             胃透視                            嚥下造影
CT検査
○単純CT検査 《検査時間 約5〜10分》
 体全身を輪切りの画像で見ることのできる検査です。
 脳梗塞・脳出血・肺炎やさまざまな腫瘍などがわかります。MRI検査に比べ撮影時間も短く、検査もも比較的簡単です。
○造影CT検査 《検査時間 約10分》
 単純CT検査で診断がつきにくい場合、より詳しく検査するために、造影剤を静脈から注射しながら検査をします。


            全身用X線CT装置                         頭部CT画像                            胸部CT画像
PACS[画像情報管理システム]
 撮影した画像データを保管、閲覧、管理するシステムです。当院では高精細モニターにて画像診断を行っております。



保有装置

 撮影関連機器名  数量
  一般撮影用X線装置 1台 
  デジタルX線TV装置 1台 
  全身用X線CT装置(4列) 1台 
  病室撮影用X線装置 2台 
  コンピューテッド・ラジオグラフィー 1台 
  ファイリング・システム 1台 
  レーザーイメージャー 1台 
  造影剤自動注入器 1台 
  低床昇降フローティング撮影台 1台 
  立位撮影台 2台 
  PACS(クラウド型) 一式 
各部門のご紹介トップへ
診療科のご紹介トップへ