1,かかりつけ医
 最近,かかりつけ医という言葉をよく耳にするようになりました.これは患者さまが大学病院を始めとする大病院へ集中した結果,これらの病院が高度専門病院としての本来の機能を果たせなくなってきたためです.例えば風邪を引いただけでみんなが大学病院を受診すれば,大学病院でしか治療の受けられない難病の患者さまに手が回らなくなります.また一方では,大病院の専門医が患者さまの臓器の異常ばかりに目を奪われて,『患者さま』を治すことができなくなったという医学会の反省もあります.
 このような問題を解決するには,健康について普段から何でも相談できる,かかりつけの医者や病院が必要であると考えられるようになったのです.昔から各地域には住民の皆さんから信頼される開業医がいて,昼夜を問わず往診などしていました.このような医師は患者さまの体のことだけではなく,その方の性格や家族構成,普段の暮らしぶりまで熟知していたものです.ですから,診察室に入ってきた瞬間に,その患者さまの心身の健康状態がわかるのです.病に冒された臓器を治すことはもちろん大切ですが,もっと大事なことは病に冒された『人』を治すという考え方でしょう.私自身もかかりつけ医を持つという考えには大賛成です.かかりつけ医として大事なことは,
(1) 自分の専門だけにとらわれない広い医学知識を持っていること,
(2) 24時間いつでも相談を受けることができて,必要ならば入院治療ができる(または紹介できる)こと,
(3) 高度な治療が必要なときには直ちに専門病院を紹介できること,
などがあげられます.患者さまの側から言えば,自分と性格が合って,何でも相談しやすいということも大切でしょう.正直に申し上げてこれらの条件を全て満たすことは容易ではありません.それでも私たちは少しでもこの条件に近づけるよう努力しようと考えています.例え夜間や休日でも当直医体制を敷いていますので,具合の悪いときにはいつでもご相談下さい.日中でしたら主治医に電話でご相談いただいても良いかと思います.また,今津近辺には優れた病院がたくさんありますので,他の医師と連携もとりながら,皆様の健康管理のお手伝いをしたいと考えています.

NEXT読む薬 トップへ