青少年赤十字
青少年赤十字

 世界共通の3つの実践目標「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」と「気づき、考え、実行する」という態度目標のもと、園児・児童・生徒が赤十字の人道の心に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、学校(園)や日常生活の中で様々な実践活動を行っています。


実践目標

  1. 健康・安全
    自分の命と健康を大切にするとともに、みんなの健康を守り、人間尊重の精神を養うことを目指します。
  2. 奉仕
    社会の一員として、自分が今、他者のために何ができるかを考え、できることから実行していきます。
  3. 国際理解・親善
    外国のことを知り、その国の人々と交流を深めることによって広く世界の青少年を知り、仲良く助け合う精神を養います。

態度目標

態度目標

幼児・児童・生徒が自主的で自立した態度を育むための態度目標は、学習指導要領がねらう「生きる力」と通じることが多くあります。

JRCロゴ

青少年赤十字ロゴマーク

県内の加盟校とメンバー数

保育園・幼稚園 15 1,301
小学校 181 76,565
中学校 45 16,620
高等学校 32 8,479
特別支援学校 2 98
合計 275 103,063

加盟にかかる費用・活動報告義務はありません。

(平成29年3月末現在)