幼児安全法

幼児安全法 こどもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

講習体系

講習体系


子どもの成長と発達、起こりやすい事故の予防と手当、病気と看病の仕方について学びます。

子どもに起こりやすい事故の予防と手当及び子どもの病気への対応について学びます。

資格有効期限が残り1年以内かつ平成31331日までの幼児安全法支援員の認定証所持者で、引き続き継続を希望する方が対象です。(5年間有効期間延長。)
有効期限については認定証裏面をご確認ください。